セミナーのご案内

平成30年度公開シンポジウムのご案内

平成30年度AMED標準的医療情報収集システム開発・利活用研究事業
クリニカルパス標準データモデルの開発および利活用 (ePath事業)
公開シンポジウム

日 時:
2019年3月16日(土) 13:00 – 16:30
※受付開始時間:12:00
場 所:
一橋講堂
〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内
参加費:
無料
事前登録:

事前参加登録フォームより必要事項を記入してお申し込みください。

※事前参加登録は3月15日12:00までとさせて頂きます。
それ以降は当日直接会場にご来場ください。

後 援:
一般社団法人日本クリニカルパス学会、一般社団法人日本医療情報学会
資格認定更新:

日本クリニカルパス学会 教育研修 2単位

日本医療情報学会 上級医療情報技師・医療情報技師 3ポイント

プログラム:

13:00-13:05ご挨拶
経済産業省 商務情報政策局商務・サービスグループヘルスケア産業課 課長補佐
入江 奨

13:05 -13:45基調講演
なぜ「次世代医療基盤法」か
内閣官房 健康・医療戦略室 参事官  田中 謙一

13:45 -14:45講演「ePathが目指すもの」
アウトカム志向型パスが医療を変える
済生会熊本病院   副島 秀久
EHRからエビデンス創出への道筋
九州大学病院    中島 直樹

14:45-14:55 休憩

14:55-15:45平成30年度ePathプロジェクト研究班報告
クリニカルパスの観点から
徳島大学病院   若田 好史
データ活用の観点から
九州大学病院   山下 貴範

15:45-16:30パネルディスカッション
パネラー: 副島 秀久(済生会熊本病院)、中島 直樹(九州大学病院)、若田 好史(徳島大学病院)、山下 貴範(九州大学病院)、河村 進(四国がんセンター)、杉田 匡聡(NTT東日本関東病院)
(司会 岡田美保子)

閉会の挨拶

地 図:
交通アクセス

東京メトロ半蔵門線/都営地下鉄三田線・新宿線「神保町」A8出口
東京メトロ東西線「竹橋」1b出口
各徒歩3〜5分
事前参加登録フォーム(Googleフォーム)
▲ TOP